ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

teriyaki boyz

A BATHING APEのNIGOが仕組んだ新しい遊びは、やはりとんでもないものだった。m-floのVERBAL、RIP SLYMEのRYO-ZとILMARI、そして(B)APE SOUNDSのWISEと組んだユニット、TERIYAKI BOYZのアルバム『BEEF or CHICKEN』には、ザ・ネプチューンズ、ダフト・パンク、ビースティ・ボーイズのアドロック、corneliusと目もくらむような豪華な顔ぶれが参加している。
http://magazine.music.yahoo.co.jp/spt/20051109_001/new

NIGOとRIPが組んで「何かやってるな~」ぐらいは認識していたのですが、なんとトラックメイカーのなかに「daft punk」がいるというのを今更知ってあわててチェックしてみました。

上のリンク先でそのトラックを試聴することができたので、さっそく聴いてみました。
一言で言うのであれば「daft punk」の3rdアルバム「human after all」の同タイトル曲のシンセネタをループさせたものに、彼らのラップを被せただけと言った感じ。
下手をしたら本当に同ネタの使いまわしの可能性すら濃厚です。

個人的には「RIP SLYME」の「GALAXY」×「daft punk」節なトラックだったら最高だなと思ってたんですが。
要はNIGOの金目当てなのか(笑)
スポンサーサイト
  1. 2005/12/15(木) 12:59:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<royksopp | ホーム | kitsune>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/6-67e85e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。