ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alex Gopher / Motorcycle

motorcycle

Alex Gopher / Motorcycle

「Bounjour Record」で売っていた「Kitsune Secret」という主にまだリリースされていない音源を使っているらしきMixCDに収録されており、リリースされたら欲しいなあと思っていたのがこのトラック。
CDにはリストが付属していなかったので、よもやそれが「Alex Gopher」の新譜だとは思いもしませんでした。

ちなみに「Alex Gopher」について詳しくご存じない方は以下のYellowの紹介文が非常に良くまとまっているのでどうぞ。
http://www.club-yellow.com/dic/bio_a.html

「Rocker」以降を感じさせるブリッピーな音色を主体に気持ちよくアシッドなシンセフレーズが絡んでいく、まるで同レーベルの「Digitalism」のお株を奪うかのような好トラック。
「Motorcycle」と言うタイトル通りの疾走感も感じさせます。

今回の「Kitsune」からのリリースがなくとも、去年のリリース「Dust」が「2 Many Djs」初め様々なDJがスピンするヒットになっていたりと充分すぎるほど現役な訳ですが、フィルターハウスのムーブメントにもきちんと参加しながら現在に至ることを考えるとその懐深さに改めて感心させられます。

ちなみにA面のMixが「Wet Clutch Edit」、B面が「Dry Clutch Edit」と命名されているんですが、Mixに仰々しいネーミングをするのは「Kitsune」のお作法なんでしょうか。
一聴したところ両Editの違いがあまりよくわからない自分に、果たしてこのトラックをかける資格があるのか少々不安になってきました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/20(金) 18:57:12|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Fox n'Wolf / In Yr Underwear | ホーム | GANBAN NIGHT SPECIAL “Break On Through Vol.5″レポート>>

コメント

kitsuneがまた新しいコンピをつくるらしいですが、正直、ちょっと食傷気味ですわ。
収録曲は好きですが。
gopherで一番すきなのはやっぱり、party peopleです。
そういや、これってdimitri from parisがリミックスしてて、当時のフレンチハウスって、dimitriがだいたいリミックスしてた(笑)んだけど、dimitriってフレンチハウスの文脈であまり語られませんね。
  1. 2006/10/23(月) 09:46:58 |
  2. URL |
  3. mats3003 #-
  4. [ 編集 ]

kitsuneに関しては同感です。
間違いない面子なんですけど中身の想像できちゃうところがときめかないですね。
既に名のある人引っ張ってくるんじゃなくて、Digitalism以外にももうちょっとレーベルアーティストの育成にも力入れて欲しいもんです。

Dimitri仕事はMusic Sounds~、BjorkのIsobel、Perty People等などどれも好きです。
しかし彼の立ち位置は不思議ですよね。
アーティスト色薄いせいですかね。
  1. 2006/10/23(月) 13:32:21 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/54-5d8baddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。