ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Phoenix / if I Ever Feel Better

ifieverfeelbetter

Phoenix / if I Ever Feel Better

本多俊之 / lament(サンプリング元)

全然関係ないのですが、どうやら9日にshop escalatorにdaftのThomasが来店したとのこと。
その日自分が居合わせる可能性はゼロに等しかったですが、なんだかめちゃめちゃ悔しいです。

そして今晩も、
仲日記 8/11:
中略
そして今晩は品川の船上でのコレットパーティ。PEDROやKITSUNEやMARCOのDJに加えメインでダフトパンク登場そして松本零士先生のドローイングがあるらしい。

http://shop.escalator.co.jp/

だそうです。
本当船さえわかれば潜入を試みたかもしれません(笑)

余談はこの辺で。
おそらく1999年ぐらいに発売されたであろうこのアナログ。
自分は2001、2002年ぐらいに当時まだ健在だった「Zest」にて購入しました。

個人的にこのトラックはRemixを含め五指に入るほど好きです。
あらゆるジャンルを含め、思い入れは一番深い曲と言っていいかもしれません。

しかし何故これを今更取り上げるのかと言えば、最近エレクトロクラッシュのパーティーでこのトラックの「Buffalo Bunch」によるRemixをわりと耳にするからです。
(matsさん曰くは先日のフジロックにて「2 many Djs」もプレイしていたようです。割とローファイ感のある王道フレンチハウスなので、今のエレクトロなシーンでは使いづらいと思うのですが。)

まず原曲、割と意外に感じる人も多いかと思いますがサンプリングを使っています。
果たしてどこがサンプリングなのかと言うとやさしい丸みを帯びた音色のアルペジオギターのフレーズです。
確かにこの音がトラックのなんともいえないセンチメンタルな空気感を生み出しているように思えます。

さらに興味深いのはそのサンプリング元が日本人である「本多俊之」と言う人の「lament」と言う曲らしいと言うことです。
個人的に外国人アーティストによる日本人の楽曲のサンプリングと言うのは他に聞いたことがありません。
こんなところに音楽に対してボーダーレスな彼ららしさが垣間見えるかなと思ったりします。

そして今回の主役「Buffalo Bunch」によるRemixはと言うと、原曲のボーカルの端っこの方の「I can't try..」と言うフレーズを大胆にピッチを上げてループさせ、先のサンプリングを含むフレーズを再構成したものに、おそらく「Paul」の演奏であろうメロディックなベースラインが展開します。
まさにフレンチハウスの最高傑作といっていいようなトラックです。

あともう一つ忘れてはいけないのが、「Daft Punk」の2nd「Discovery」の「Face To Face」を共作した事でもおなじみ「Todd Edwards」によるものです。
最近残念ながらあまり活躍をみませんが、個人的には彼は他に類をみない稀有な才能の持ち主だと思っています。

あの独特なカットアップ、再構成のセンス、大胆なボコーダー、オートチューン使い、そもそも先の「Discovery」の作風自体彼の影響なしにはありえなかったものと思います。
そしてこのRemixもおそらく彼のベストワークの一つです。

そんな三者三様の色を持ち、捨てトラックのないこのアナログは紛れもない名盤と言っていいと思います。
同じく「Phoenix」の「Too Young」のアナログの中古盤にこの前「Disc Union」で何を血迷ったのか3000円の値がついているのを見かけましたが、この「if I ever feel better」に関しては幸いにもこれは最近また新規に流通しているようなので普通に購入できると思います。

明日はいよいよSummer Sonicですが、この「if I ever feel better」を生で聴けたら本当に泣けそうです。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/11(金) 20:47:15|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Daft Punk Alive @Summer Sonic Tokyo 12 Aug 2006 | ホーム | Justice Vs Wildchild / Renegade Of Nazareth>>

コメント

確かにこれ、生で聞けたら泣けますね。
コレットのパーティ、いけるものなら死ぬほど行きたかったです。
どうやら仲社長も明日はサマソニ行くらしいので、見かけたらどんなだったか聞いてみますか。
  1. 2006/08/11(金) 22:26:57 |
  2. URL |
  3. mats3003 #-
  4. [ 編集 ]

>どうやら仲社長も明日はサマソニ行くらしいので、見かけたらどんなだったか聞いてみますか。
そうですね、見つけるんならやっぱdaftとかよりphoenixのときですかね(笑)
  1. 2006/08/11(金) 22:41:33 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

Buffalo BunchといえばJungle BrothersのFreakin' You (Caribbena Sunshine Remix)が死ねる程に好きです。
基本、ボコーダーや高音のギターのリフに弱いんですけど。

サマソニ如何でしたでしょうか?
  1. 2006/08/17(木) 19:24:01 |
  2. URL |
  3. infect. #-
  4. [ 編集 ]

>基本、ボコーダーや高音のギターのリフに弱いんですけど。

すごいわかります。
カッティングギターも好きですし、ボコーダーはほぼ必中ですね(笑)

>サマソニ如何でしたでしょうか?

すごくよかったですよ。
Daftに関しては簡単にblog記事書きたいんですが、夏休みがなくバタバタしててまだ書けてません。
  1. 2006/08/17(木) 21:41:53 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/44-9ad0b978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。