ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Digitalism / Jupiter Room

jupitar_room

Digitalism / Jupiter Room

先週の金曜「2manyDjs」を見に「womb」に行ってきました。
前回紹介した「Justice / Water Of Nazareth」、「2manyDjs」はやっぱり期待を裏切らずかけてました。
前座の「Dex Pistols」もかけてたので少なくとも二回聴けましたが、大沢氏もかけてたかもしれないですね。

実は自分はフレンチハウスの衰退とエレクトロクラッシュの台頭の間の丁度空白期間から2年ぐらいの間音楽から離れてしまってたので、エレクトロクラッシュに関しては完全に追っかけになってしまっており、いまいちどの辺がロックなのかつかみきれてない部分がありました。

しかし今回のイベントで「Justice / We Are Your Friends」のフレーズをみんなで叫びながら縦ノリな感じになっているのを体感して、ようやく少しだけわかったような気もします。
(今まで正直このトラック少し暑苦しいとな思っていたんですが、やっぱり名曲です。)

それではようやきに本題です。

先のイベントでも「Justice / Water Of Nazareth」に負けず劣らずヘビープレイされていたこの曲。
「Kitsune Maison 2」にも収録されていることでアナログ嗜好がない方にも少しおなじみかもしれないです。

またアナログの方では「Wolf Mother / Woman (MSTRKRFT Remix)」が収録されていないことを考えると、ある意味目玉です。
(この「Wolf Mother / Woman」のアナログはHMVのいくつかの店舗で7inchが入荷しています。B面にこの「MSTRKRFT」によるremix収録のものとあの「Avaranches」のremix収録のものがありますが、各700円ぐらいなので見かけたらまとめ買い推奨です。)

トラックはと言うと人の声でリング・モジュレーター(と言うよりもボコーダー?)をかけたような不思議な音と「Digitalism」お約束のアシッドな感じのシンセでまったりとはじまり、やはり彼らお約束の長過ぎるブレイクで「Daft Punk」の「Rollin' & Scrachin'」や「Vitaric」に通じるような荒れ狂うディストーションがかったシンセで一気に最高潮まで持って行きます。
(この辺は是非クラブで体感していただきたいです。)

ただ「Idealistic」の声ネタ、「Zdarlight」のメロディックなギターリフのような花のあるパートがないので彼等のトラックでは一番地味と言えば地味かも知れませんが個人的には一番好きです。

そしてやっぱり気になるタイトル。
この「Jupiter」は木星なのかローマ神話の主神の事なのかどっちなんでしょうか。
(トラックに雷鳴をイメージしたような感じを受けるSEが入るので、雷の神でもあった「Jupiter」を指しているのかなという気もするんですが。)

あと彼らはMixに仰々しい名前を付けるのが好きみたいなんですが、今回も発表されているのはオリジナルmix扱いでなく「Martian Assault Edit」となっています。

これは直訳すると「火星の襲来Edit」とでもなるんでしょうが、「Jupiter」が木星のことでなかった場合は、やはりローマ神話の「Mars」の事になるのかもしれません。
(「Mars」は戦の神ですし。)

でもやはり神様だと「Martian」でなく人称的な表現、「Mars's~」とか「~of Mars」になる気がするのでやっぱり単純に惑星モチーフなのかもしれないですね。
(個人的には神話ベースであった方が聖書より引用の「Water Of Nazareth」共々おもしろいんですが。)

あと本人達はほとんど意識してなさそうですが「Justice」と「Digitalism」の対比はやはり面白いです。
「Daft」のマネ「Pedro」がプッシュする「Justice」と、同じく「Daft」の「Thomas」のレーベル「Roule」、今の「Kitsune」のマネージャーである「Gildas」がドイツ発の「Daft Punk」と太鼓判を押す「Digitalism」。

今はまだ「Justice」が先行している感はありますが、「Digitalism」の方がまだ見ぬ引き出しを持っていそうな気もするのでこれからの彼らも眼が離せません。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/02(水) 12:28:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Justice Vs Wildchild / Renegade Of Nazareth | ホーム | Justice / Water Of Nazareth>>

コメント

おひさしぶりんです。

この前のATOCの13聞きました。
まじ、かっこいいすね。
MSTRKRFTが、ヤッパリ気になる今日この頃です。日本版かUSA版かアルバムどっち買おうみたいなかんじです。内容は一緒ナンすけど。
ちょっと気になったことがあったんですけど、ATOCの13の中にはいってるナザレスの水は、なんかのリミックスなんですか?それともオリジナルなんすか?聞いた感じ、勝手にリミックスかなー?ってきがしたんすけど
ご教授御願いしたいと思いまして
  1. 2006/08/02(水) 16:37:52 |
  2. URL |
  3. なおき #-
  4. [ 編集 ]

>MSTRKRFTが、ヤッパリ気になる今日この頃です。日本版かUSA版かアルバムどっち買おうみたいなかんじです。
好きなアーティストの場合ボーナストラックがあれば迷わず国内版買っちゃうんですけどね。
難しいところです。
それ以前に自分の近隣のCD店にはどっちも置いてないんですよね。
そんな訳でやむを得ずHMVの通販でアナログの方を注文しました。

>ATOCの13の中にはいってるナザレスの水は、なんかのリミックスなんですか?
気のせいかとも思ったんですけどやっぱり少しオリジナルと違いますよね。
あくまで主観ですけど、構成は変わらない気がするのでオリジナルのmixに何かエフェクター(KAOSS PAD?)とかを使って音色の変化つけてるんじゃないかと思ってます。
  1. 2006/08/02(水) 17:37:58 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

今、digitalismとjusticeはこの界隈の2台巨頭ですね。
もう一組挙げるなら、mstrkrftですね。
もっとメジャーな感じになるとalan braxe & fred falkeも入れていいかも。
僕はwe are your friends (というよりもnever be alone)は好きなんです。
ヒリヒリするような叫び声が特に。

cafe escalatorでお会いするのもいいですね。
レコード買いながら(笑)
  1. 2006/08/02(水) 18:08:05 |
  2. URL |
  3. mats3003 #-
  4. [ 編集 ]

MSTRKRFTも重要ですね。
そういえばあの日に限って言うと、あまり彼ら絡みのトラックを聞かなかったのは意外かもしれないです。

「We are your friends」は思わず帰ってからsimianのサイトで歌詞調べちゃいました。
ブルーハーツ級に10代に響きそうな歌詞ですよね。
これからもフロアで一緒に叫びます(笑)

あとCafe Escalatorは行きたいんですが、なかなか理由がないと行けないんで是非に。

  1. 2006/08/02(水) 20:21:41 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/41-5b0869f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。