ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

tahiti80とFPM

tahiti80_puzzle01

Tahiti 80 プロモーション来日決定!
"23日に発売になったコンピレーション・アルバム、ジーンズ共に絶好調のTahiti 80の今年3度目(来日公演を入れると4度目)のプロモーション来日が正式に決定しました。今回はグザヴィエとペドロが来日します。大阪、東京でのリーバイス(R)ストアでのイベントに加えて、京都にて“Fantastic Plastic Machine”とのクラブ・イベントも行います。"

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Information/A014663.html

「tahiti80」と「FPM」が共演するというのが個人的に気になったので、その辺りの事をなんとなく書いてみようと思います。

一般にはあまり知られていませんが、ディスコブーム以降から「daft punk」が登場する以前のフランスには、独自の音楽シーンというものはほとんど存在していないと言っていいような状態だったそうです。

実際フランスの若者たちはイギリスやアメリカで人気のバンドやポップスターに夢中で、同郷であるにもかかわらずフランス人ミュージシャンになんて見向きもしなかったようです。
もちろんヨーロッパの音楽の中心ロンドンでもそんな彼らが相手にもされなかったのは言うまでもありません。

しかし「daft punk」がそのファーストアルバムで高い評価を受けるようになると状況は一変し、海外も第二の「daft punk」を探してフランスのアーティストたちに眼を向けるようになります。
そうして翌年、翌々年と出てきた大ヒットを飛ばしたのが「air」、「cassius」と言った面々です。
さすがは芸術の国、蓋を開けてみれば素晴らしい才能がたくさんいたというのが事実のようです。

もちろん「tahiti80」もそんな国、フランスのバンドの一つです。
そしてデビュー盤が海外に紹介されるや否や、日本やアメリカでかなりの人気を博しています。
特に日本での彼らの人気は海外のローカルなバンドでしかなかった事実からすれば異常とも言えるものです。
(カラオケに彼らの曲がいくつか入っていたのを見たときはさすがに驚きました。)

僭越ながらその人気の理由を分析してみれば、彼らの音楽は他の洋楽に比べてメロディが良く動くので、一般に洋楽と比較してメロディの派手な曲の多い傾向のある邦楽を聴いている日本人の感性に合うのかもしれません。
またそのセンチメンタルなコード感も日本人好みと言えると思います。
そしてそういった派手なメロディやセンチなコードを使うとどうしても野暮ったくなってしまいがちなところですが、やはりそこはフランス出身、上手く小洒落た感じに昇華しています。
その絶妙なバランスこそが、彼らが日本でここまで受け入れられている要因だと勝手に思っています。

そして彼らと「FPM」との接点ですが、ライブのために来日した際に「tahiti80」の面々がたまたま耳にした「FPM」の「why not?」をいたく気に入り、ホテルではそればかりリピートでかけてはしゃいでいたそうです。
おそらくその事が「FPM」の耳に入った事から話は進み、「tahiti80」はバンドにもかかわらずこの「why not?」のremixを行うに至ったようです。
これ以外に彼らが他のアーティストのremixを担当していることはないと思われるので、「tahiti80」がremixの仕事をするのはもしかしたらこれが最初で最後かもしれません。
(ちなみにそのトラックはFPMのアルバム「zoo」に収録されています。)

ただ余談ですがこうして海外では認められるようになったその一方、いまだ母国フランスでは「franz ferdinand」や「eminem」のポスターはいたるところで見ても、彼らのCDは販促用のポスターどころか売り場の端の方で扱われているような状況らしいです。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 18:22:40|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<cardigans / carnival(remix) | ホーム | mylo>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/3-12fd1e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Tahiti80×TPM @LAB.TRIBE

■12月9日、 京都・河原町二条、LAB.TRIBEbuzzlogモリサコさんと打ち合わせ中、金正さんが、ふとつぶやきました。 今度、タヒチと田中くん、やるしな~このクソ寒い中、京都にタヒチが!?その真偽を確かめるべく、踊るべく、編集部スエヨシが、カメ...
  1. 2005/12/13(火) 17:30:39 |
  2. ど関西×音楽人脈

TAHITI 80のメンバーをインタビュー!!

―― 「パズル」でデビューを飾り、サウンドから英国産バンドだと思ったリスナーも多かったけれども、そもそも、フランス語ではなく、ポップミュージックを演るなら“英語”と決めて居たのはどうしてですか?グザヴィエ(Vo.)今でも英語が大事だって信じていて、ぼくらが聞い
  1. 2006/12/20(水) 04:00:22 |
  2. これはマスト!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。