ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

soulwax と 2 many DJ's (前編)



実はこの「2 many DJ's」、名前こそ聞けどもベルギー出身と言うことぐらいしか知りませんでした。

まずよくわからなかったのは、この「2 many DJ's」と「soulwax」と言う二つの名義の関係ですが、どうやら「2 many DJ's」は兄弟二人のDJユニットで、その二人が参加しているバンドが「soulwax」になるらしいです。

その「soulwax」、実はこないだアルバム「nite versions」をリリースしたばかりなのですが、これが少し変わっていて一昨年発売された自身のアルバム「any minite now」をネタにフロア向けに再構築した内容だそうです。

そしてその中には「fpm」の「sound concierge #502」でも使われている彼らのトラック「NY lipps」が収録されています。

この曲は最近車のCMでもよく聴く「lipps inc」の「funky town」と言う曲のネタがまんま使われているので、下のリンクから聴いてもらえれば「ああ、この曲なんか聴いたとある」と思う人も多いのではないかと思います。
(しかし「fpm」はCMネタが好き、と言うか売るのが上手だと感心したりします。
たしかに今回のmixは「freeform five」を使ったりと割と今のエレクトロクラッシュな流れも意識しているのでこの曲をかけていること自体になんら違和感はないのですが、確か同シリーズ「#404」でも当時CMでよく流れていた「chicago」の「saturday in the park」ネタのトラックを使っていた筈です)

また個人的に要注目なのは「teachers」と言う「daft punk」の1st「homework」に収録されていたものと全く同じタイトルのトラックがこのアルバムに収録されているのですが、ループに乗せてリスペクトしているアーティスト名を連呼していく構成だけでなく、そのループの雰囲気自体もほとんど一緒といったかなりのお遊びトラックです。
下のリンクから是非聴き比べてみてください。

■daft punk / teachers

■soulwax / teachers

■soulwax / nite versions

思ったより長くなってしまったので、DJとしての彼ら「2 many DJ's」については次に持ち越したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/25(水) 15:24:19|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<soulwax と 2 many DJ's (後編) | ホーム | DJ falcon (roule)来日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/13-df69f291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。