ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DJ Mehdi



今週末は「DJ Mehdi」です。
金曜は東京Warehouse、土曜は京都Saiな模様。
(詳細は下のほうに)
オーガナイズに「Kazunoco」もタッチしてます。
是非是非遊びに行きましょう!

なんだかんだと彼のことは2000年頃には「Daft Crew」として認知してたんですが、そんなに印象はありませんでした。
ただ「Daft Punk」直系のフランスの表のシーンと現在の「TTC」、「Institubes」周辺の裏のシーンをつなぐ重要な存在だったようです。

今は無き「Daft Crew」のサイトのROMです。
(リンクは全部切ってあります。)
D@FT Crew (www.daftcrew.fr.st) - DJ Mehdi

正直自分は彼に関してはあまり詳しくありません。
そこでMixi上の「French New School HIPHOP」コミュを運営しているリデくんがそこのエントリーで書いていた文章がすばらしかったので、許可をもらって転載させてもらうことにしました。

ちょっと長いですがなかなか読み応えがあるのでじっくりどうぞ。


以下転載。

フランスのヒップホップ界の中心的存在でありプロデューサー、そしてフレンチハウス、エレクトロ界とヒップホップ界の繋ぎ役と言ってもいいDJ MEHDI。
今回は日本ではあまり知られていない彼のヒップホップでの仕事について紹介したいと思います。

本名Mehdi Favéris-Essadi。1977年生まれ。グラフティアーティストのFAFIが妻。

1996年にIdeal Jというヒップホップグループのメンバーに。
そこには後に結成されるヒップホップグループMafia K’1 Fryの主要メンバーであるKery James,Mistah Flo,Manu Keyが参加。
年の関係からIdeal J(unior)というグループ名に。
(後にKery Jamesのプロデューサーもしてます。かなりサグな感じ。後ろにadidasのジャージ着ているのがMehdi)
←この曲の動画自体が消えてしまってるので、他のクリップを載せておきます。


MEHDIはエレクトロのアーティストとして見られがちですが、要は元々こういう音楽を作っていたということです。


1998年、113(サントレイズと読みます)と言うラップグループのプロデューサーに。
113は彼らのオリジンである北アフリカ系アーティストとコラボするなど実験的な音楽が高く評価され、2002年フレンチハウス界の雄ダフトパンクとの共演も果たす。

113 fout la merde


同年、レーベル・Espionnageから初のソロ作品(The story of)Espionを発表。

2005年フランスのアーティスト集団Kourtrajme名義でDes Friandises pour ta boucheを発表。
乾いたドラム音にMehdi独特のバウンシーなベースとThe Notorious B.I.Gの極太ラップが調和したLe Cirqueは名曲中の名曲。
オフィシャルで出てないせいか、彼のMy Spaceでダウンロードできます。
http://www.myspace.com/djmehdi

プロモにはTTCのラッパーTeki Latexが出演。内容としてはオタク役のTekilaがテレビの通販でアメリカの歌手さながらに歌えるという魔法のマイクを購入。いざ歌ってみるとマイクからはBiggieの声が出てきて街を闊歩しながらラップすると言うもの。


この1995年に結成されたアーティスト集団Kourtrajmeは TTC / La Caution、Mafia k’1 Fry等のグループにクリップを提供する傍らショートフィルムはもちろん、カンヌ映画祭にノミネートされた映画「Sheitan」を作る等幅広く活動中。
俳優のヴァンサンカッセルや映画監督のマチューカソヴィッツ、Tekilatexらと親交が深く実際彼らは多くのkourtrajme作品に出ていたりもします。
最近ではSimian Mobile Discoのクリップも作りました(!!)


TTC / La Caution(映画「オーシャンズ12」のサントラ)


Mafia k’1 Fry


ショートフィルム


同じく1995年にマチューカソヴィッツ監修、ヴァンサンカッセル主演の映画「憎しみ(La Haine)」はフランスのヒップホップカルチャーやゲットーというものを知るには一度は見ておくべき映画でしょう。
後にKourtrajmeは「La Haineが世界中に与えた影響」というオマージュ作品も発表。


2006年、満を持してED BANGERからI am Somebodyを発表。
立て続けにアルバムLucky Boyもリリース。
そしてDaft PunkのThomas Bangalterがエディットしたアルバム収録曲Signatureは、ドラマティックな曲展開にThomasの攻撃的なドラムが原曲の素晴らしさを更に引き出しています。
クリップ製作はまたもやkourtrajme。


動画や彼にまつわるアーティストの活動も交えながらの紹介だったのでかなり長くなってしまいましたが、フランスヒップホップ界に多く見受けられる育ってきた街の仲間やアーティスト同士で音楽を作る傾向のなか、DJ Mehdiは珍しく自分が育ってきた環境から外に目を向けたアーティストであり仲間のフックアップはする一方プロデュース業が主で、一つのジャンルに固執しすぎない彼の活動が今現在のスタイルを生んだのではないでしょうか。今後も彼の活躍が楽しみです。

以上転載終わり。





On top of a speaker tour in JAPAN
“I AM SOMEBODY” / DJ MEHDI

8/10 (FRI)
at WAREHOUSE
http://www.a-warehouse.net/

22:00 Door Open

until Five in the morning


3000yen 1drinks / 2500yen 1drink with flyer

_Presents by

YONE

_Music by

DJ MEHDI (ED BANGER RECORDS)
http://www.myspace.com/djmehdi

DEXPISTOLS(DJ DARUMA+DJ MAAR)
http://www.myspace.com/dexpistolstokyo

KIRI (revolver)
http://www.revolholic.com

KazuNoco(DJ GOTTI+DJ ALEX)
http://www.myspace.com/gottifromkazunoco
http://www.myspace.com/alexfromkazunoco

TAKAYUKI SERINO (GANBAN NIGHT)

_Visual by

Dadakingz





2007.8.11 (sat)
@club sai (Kyoto)
http://www.clubberia.com/Club/Detail/?id=990#schedule
with flyer: \2,000 w/1D, door: \2,500 w/1D
start: 22:00

DJ MEHDI (ED BANGER RECORDS)

JUSE (A SCORE DISC)

KazuNoco(DJ GOTTI+DJ ALEX/TOKYO)

MAMEZUKA (JAMs/Fantasia)
http://www.jamsyourself.com/
http://www.fantasia-kyoto.com

Kazuma*m(Disco D'amour) 
http://www.geocities.jp/disco_damour/index.html

麻姫 (antenna)

スポンサーサイト
  1. 2007/08/06(月) 14:20:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Teenage Bad Girl / Cocotte Picture EP | ホーム | Justice / D.A.N.C.E. RMX>>

コメント

あ、ホントに俺のだ。実際使うって言ってたけどあんま信じてなかったのに笑
何か気持ち悪いってか変な感じだね。普通にこんな感じで使われると思ってなかったし。でもMehdiがただのエレクトロとかEdbangerの横ノリ担当だけじゃないってことを頭に入れておくだけで彼に対して理解度も変わるかなと思って書いただけなんだけどね。

にしてもこのジャンルを命名するときに、フランスですらNewschoolとOldschoolの線引きがしっかりされてなかったから苦労したよ。一応TTC周辺の新しいジャンルはオルタナティヴラップとかって言われたりもするんだけど、あんまそれもしっくり来なかったからFrenchってのを使ってみたんだ。まぁFrenchって言葉使うと、バゲット持ってシャンゼリゼ通り歩く的なアホみたいなおフランス概念が生まれるか心配したりもしたけど意外とそんな感じにならなくて良かったよ。

でも何ていうか彼の存在って凄く大きい気がする。
どの道繋がる運命にあったヒップホップとダフト界隈だけど、彼のおかげでうまーくいったと思う。たぶんDaftとかは片割れ貴族だしゲトーな奴らにあんま興味ないだろうし笑

じゃあ当日はやつらのアイコンのAirmax履いて集合。
  1. 2007/08/07(火) 02:40:40 |
  2. URL |
  3. リデ #-
  4. [ 編集 ]

>リデ
正直俺自身これ読んですごく勉強になったからね。

>バゲット持ってシャンゼリゼ通り歩く的な
これ逆にむこう住んだことないとイメージでないと思うけど(笑)

>たぶんDaftとかは片割れ貴族だしゲトーな奴らにあんま興味ないだろうし笑
たぶんボンボンが不良に憧れる感じだったと思うよ(笑)
リデも機会あればDaftのRemixワーク中心にチェックしてみて。
間違いなくそこここにシカゴ~ゲットーの影響感じるから。

>じゃあ当日はやつらのアイコンのAirmax履いて集合。
じゃあこれを機会に買おうかな(笑)
  1. 2007/08/07(火) 12:28:10 |
  2. URL |
  3. lapin #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ecrits.blog37.fc2.com/tb.php/103-9bea5edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。