ecrits

主にフランスの流れを汲むクラブミュージックに関する雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後に

どうにもblog復帰のメドがたたないので、ケジメという意味も込めて少し書いてみたいと思います。

自分がこのblogを更新していた一番のモチベーションは主に日本においての「Daft Punk」への評価に違和感を感じていたことでした。
例えばどうしても「Discovery」においての松本零士であるとかそういった部分に主に脚光があたり、そういったところで認識が止まってしまっているように見えました。
もちろんこれは裏にあるものをわざわざ探らなくてもそれはそれとして素晴らしいポップ・アルバムですが、彼らが本当に評価されるところはその裏にあるものだと考えています。

彼らがシーンに対してもたらしてきたもの、それは廃れていたボコーダーボイスをフィーチャーしてみたこと、シカゴハウスの面々と連携してディスコサンプルのループによるフレンチハウス、フレンチタッチ、フィルターハウスなどと呼ばれるジャンルを確立し、ディスコ・リヴァイヴァルの礎となったこと、アメリカ公演の際にMichael Jackson、Madonnaと言ったアーティストを用いて現在当たり前のように行われているMashupを披露したこと、現代カットアップの始祖「Todd Edwards」にいち早く注目し、フィーチャーし自分たちの作品にもそれを落とし込んだ事などなど。
(もちろんこれは「Daft Punk」びいきの僕の目線によるもので、それは違うんじゃないかと言う事もあるかもしれませんが目をつぶっていただければ幸いです)

そしてこれらの彼らが蒔いた種が現在のエレクトロというムーブメントの中でまさに花開いているように感じています。
実際現在のエレクトロシーンを牽引しているのは、直接的、間接的問わず「Daft Punk」に強い影響を受けたアーティストたちです。
それを踏まえこのシーンがこれだけの広がりを見せていること、それがすなわち自分が欲しかった「Daft Punk」への評価そのものであり、つまり当初の目的は自分とは関係のないところでですが果たされたと思っています。

あと理由としてはもう一つ。
従来のこのシーンの構造は「アナログのリリース」→「DJがプレイ」→「リスナーの耳に届く」というもので、アナログが最速のメディアでした。
ただ現在ではその問題はさておきそれらの音源がネットを手繰ればそれのリリースより前ないしは遅くともそれと同時には手に入ってしまう状況があります。
よってその情報としての魅力は圧倒的に薄れてしまう事になり、それもアナログをレビューする上でのモチベーション低下の一つの要因となってしまいました。

この状況にはともするとネガティブな解釈が先行してしまいそうですが、こういった音源の中にまだレーベルも決まっていないアーティストの存在があり、そういった人のなかに素晴らしい音源を見つけたりすると、今までにない新しい面白みを感じたりします。

そんなことも踏まえ何か新しいスタイルで音楽を紹介できればいいなと思いますが、残念ながらまだ形は定まっていません。

また余談ですがそういった音源の中にあるMashupやBootlegのRemixが現在のシーンを支えていた事も否定できないとも思います。

最後に。
クラブなどで出会って、blog読んでましたと言っていただけるのは正直恥ずかしいばかりでしたが光栄な事でした。
ちょくちょくコメントくださった方、拙blogにリンクくださった方、なんとなく覗いて下さっていたみなさんにお礼申し上げたいと思います。

さっきも書きましたが新しいスタンスが見え次第またblogを再開しようと思いますが、まだメドはたちません。
もしかしたらmixiの日記なんかにもっと気楽なことを書いてみたりするかもしれませんので、よろしければ探してみてください。

それでは改めてありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/22(木) 16:26:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

Phoenix!!!


前回エントリーで行くと書いていた「Phoenix After Party」。
実は半信半疑だったんですが本当に「Phoenix」のメンバーが来てました!

タイミングを見てギターの「Christian Mazzalai」に話しかけるとその日着ていったPhoenix Tシャツを喜んでくれて、快くサインに応じてくれました。
Tシャツは永久保存しようと思います(笑)

おまけにそのままの流れで翌日のライブにもゲストで入れてくれることに。
本当に最高でした。
(ライブのゲスト受付をしているとき隣に何か見たことある顔が、と思えば「Kitsune」の「Gildas」でした。)

ライブでは特に「If I Ever Feel Better」の後半がハードなアレンジになっていて、サビのところに新たなフレーズが追加されたりしているのがめちゃめちゃ格好よかったです。
(上のYouTubeもそのバージョンになってます。是非このバージョンもリリースして欲しいです。今の文脈だとこっちの方がDJ使いしやすそう。)

そのままライブが終わるや否やSoftに移動したんですが「Juliana」も最高。
めちゃくちゃ踊り狂ってました。
おかげで今全身が痛いです。

あとAwan CafeでのDJもみんな盛り上がってくれて最高でした。
本当楽しかったです。

以下はPlay List。
続きを読む
  1. 2007/02/26(月) 15:08:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

14 Jan 2007 イベントレポ

出演してくれたYatt (Takakhan & Yoshirotten) の2人、Cicadaさんには申し訳ないほどこじんまりしたイベントでしたが、めちゃめちゃ楽しかったです。
本当にありがとうございました。

自分はmatsさんと共にBack To Back形式でやりましたが、予定通り揺さぶられつつも楽しかったです。
初めてTASCAMのTT-M1を使ったんですが、やはりCDのMixがアナログと同じ感覚で出来るのはすごく楽しいかつ安心感がありました。

あとmatsさんが今回のプレイを録音していたんですが、自分が現場でどんなMixやらかしちゃってるのか聴きたいような聴きたくないような感じです。
たぶんとてもじゃないですが公開できるような代物じゃなさそうです。

あとYATTの二人は今日は西麻布colors studio、2/2にはasiaでも回すみたいなので、この辺のエレクトロが好きな人にとって期待を裏切らないDJをしてくれると思います。
あとYATTの二人と一緒に遊びに来てくれたKyokoさんも同じく2/2に下北沢club wedgeでDJをやるみたいなので是非遊びに行ってみてください。

以下はセットリスト
続きを読む
  1. 2007/01/19(金) 17:38:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。